MENU

Food and Beverage

シンガポール F&B(飲食)市場調査報告書

~熾烈な競争環境に勝機あり~

Category Food and Beverage
Page 日本語版:P62
Price USD398

Introduction

本稿では、今後アジア地域における食品飲料業界への参入のための足掛かりとしてシンガポールを第一の候補地として検討している事業者向けに、明確な進出戦略を描くヒントを提案していきたい。そのために、まずは過去の市場傾向と2016年以降についての考察、消費者購買パターンの分析、競合他社分析による事業展開戦略の分析、日本食へのニーズを研究していきたい。加えて、“特別寄稿:シンガポールにおける飲食経営、衝撃の実態:“利益率「+32.2%」事業と「-71.1%」事業はなぜ起こるのか!?“にて飲食店ビジネスの成功と失敗の実例を紹介・検証する。異なる言語・文化・伝統・価値観が根付くシンガポールという異国の地で、消費者ニーズに如何に柔軟かつスピーディーそしてピンポイントに対応するか!?その真骨頂をお伝えしようー。

Description

本稿の構成は、以下の通りである。


 

<目次>

 

  • はじめに
  • シンガポール経済プロファイル
  • 1. シンガポールにおける食品飲料業界
  • 1.1. マーケット概況
  • 1.2. 業界の規模と構造
  • 1.3. 消費パターン
  • 2. 競合他社分析
  • 2.1. 主要プレイヤーの事例
  • 2.1.1. JAPAN FOODS HOLDING LTD P
  • 2.1.1.1. Key Facts
  • 2.1.1.2. 他社ブランドのコンセプトと展開状況
  • 2.1.1.3. 自社ブランドのコンセプトと展開状況
  • 2.1.2. PLENUS & MK PTE.LTD.
  • 2.1.2.1. Key Facts
  • 2.1.2.2. ブランドコンセプトと展開状況
  • 2.1.3. CREATE RESTAURANTS ASIA PTE.LTD
  • 2.1.3.1. Key Fact
  • 2.1.3.2. ブランドコンセプトと展開状況
  • 2.2. 三社比較のまとめ
  • 2.3. SWOT 分析による今後の三社の展望
  • 2.3.1. JAPAN FOODS HOLDING LTD
  • 2.3.2. PLENUS & MK PTE LTD
  • 2.3.3. CREATE RESTAURANTS ASIA PTE.LTD
  • 2.4. シンガポールにおける日本食レストランのローカル化
  • 2.5. 消費者の期待値とレストラン経営側の期待値の違い
  • 3. シンガポール人の“食” への消費傾向
  • 3.1. 概要
  • 3.2. 異なる収入レベルの共存
  • 3.3. 外食をするときの決め手
  • 3.4. “食”のグローカル化
  • 3.5 収支
  • 4. 食品飲料業界の今後の展望
  • 4.1.ビジネスチャンス
  • 4.2. 業界の課題
  • 5. Core Story:シンガポールにおける飲食経営、衝撃の実態
  • 5.1. “利益率「+32.2%」事業と「-71.1%」事業はなぜ起こるのか!?”
  • 5.2.「-71.1%」と開業以来赤字を計上しつづけた高級日本寿司店の例
  • 5.3.「+32.2%」とチリクラブ「Jumbo」の_2 倍の収益構造を持つマス向け日本食店の例
  • 5.4 . 結論
  • 6. 業界最新動静:官民一体の新たなるステップ
  • 6.1. シンガポール政府、飲食業界の革新計画を発表
  • 6.2. 飲食業界における革新的事例
  • 6.2.1. SELECT GROUP LIMITED
  • 6.2.2. JR Vending Pte Ltd
  • おわりに
  • 引用文献

 

<掲載データ>

  • 表1. シンガポールの人口世代別分布:2015年
  • 表2. 食品飲料業界の店舗数および売上高:2010年-2015年までの成長率
  • 表3. 飲食業界における単独直営店とフランチャイズチェーン数の内訳:2015年
  • 表4. 食品飲料業界でのグローバルF&Bフランチャイズ企業のシェア率:2011‐2015年
  • 表5. F&Bフランチャイズ企業によるF&Bマーケット占有率% :2012年-2015年
  • 表6. JAPAN FOODS HOLDING LTDのSWOT分析
  • 表7.PLENUS & MKのSWOT分析
  • 表8. CREATE RESTAURANTS ASIA のSWOT分析
  • 表9. 名目価値、実質価値、店舗数および売上の成長率: 2010年-2015年
  • 表10. 利益率‐71.1%の破壊的なレストラン事業の収益構造
  • 表11. 利益率+32.2%レストラン事業の収益構造
  • 表12. 利益率+32.2%レストラン事業の店舗別売上高/利益/賃料/サイズ/席数の比較
  • 表13. 利益率+32.2%レストラン事業のBalance Sheet抜粋(主要三店舗)
  • 表14.シンガポール政府によるFood Service Industry Transformation Map概要

 

  • 図1. シンガポールに存在する飲食店舗数推移: 2009年-2014年
  • 図2.セクター別食品サービスの売上高: 2015年
  • 図3.食品飲料店の数: 2008年-2013年
  • 図4.食品飲料業界の小売売上高指数 (季節調整済み): 2011年-2015年
  • 図5. CREATE RESTAURANTS ASIA の純売上高と利益
  • 図6. 消費者ニーズに対する競合他社の総合的なパフォーマンス
  • 図7. 世帯月収の平均値および中央値(CPF含む)
  • 図8. 食費、住居、その他に対する家計費
  • 図9.レストランを決めるときに重要な要素
  • 図10.シンガポール国内におけるアルコールのカテゴリー別消費率:2014年

 

  • Mapping 1. JAPAN FOODS  HOLDING の店舗部分布配置図
  • Mapping 2. PLENUS & MK の店舗配置図
  • Mapping 3. CREATE RESTAURANTS ASIAの店舗配置
  • Mapping 4. SG 島内全三社(JAPAN FOODS HOLDING/PLENUS & MK/CREATE RESTAURANTS ASIA )、計70店舗の店舗配置図

Agree to the Terms of Sale

 Agree


Back