MENU

Construction Industry

シンガポール建設・建築コンサルティング市場調査報告書

狭小都市国家から生まれた逆転的ビジネス・アクション2017

Category Construction Industry
Page 日本語版:P63  ENGLISH:P73
Price USD398

Introduction

本稿はシンガポールにおける建築・建設コンサルティングのセクターにスポットを当て、マーケット概要と最新主要トレンド、国内の建設セクターでの最近の動向と重要企業のプロファイル、そして本業界を取り巻く ビジネス環境をメインに分析を進め、成長戦略と今後の展望について紹介する。まずこの場を借りて皆様にお伝えしたいことは、シンガポール政府は、”より環境に優しく・より優れた未来の インフラ空間の設計”を促していることから、イノベイティブな価値を提供するMADE IN JAPAN テクノロジーへ対するニーズは高まることが期待されることである。筆者が独自に書き下ろしたCore Story「シンガポール建設・建築業界必見!老舗ローカルコンサルティング企業経営から見る政府コネクション活用法!」と共に、この狭小都市国家から生まれた官民一体となった数々の逆転的ビジネス・アクションから、このマーケットにおけるポテンシャルを肌で感じて頂こう―。

Description

本稿の構成は、以下の通りである。


<目次>

エグゼクティブ・サマリー
Core Story: シンガポール建設・建築業界必見!老舗ローカルコンサルティング
企業経営から見る政府コネクション活用法!” 
1. シンガポールにおける建築・建設コンサルティングのマーケット概要 
1.1. 建築・建設コンサルティングの定義
1.2. 業界現況 
2. 市場動向と予測
2.1. 建設セクター成長機会の分析(~2021年)
2.1.1.公共部門
2.1.2.民間部門
2.2. シンガポール市場情勢及び展望 
2.2.1.市場成長促進因子の最新分析
2.2.2.多様化・高度化するサービス
2.2.3.M&A/Merger(合併) and Acquisitions(買収) 
2.2.4.国際化 
2.2.5.グリーンビルディング(環境対応型建築)市場活性化に伴い高まる人材・
知的財産へのニーズ
3. 建築・建設コンサルティング市場競争状況最新分析 
3.1. 市場競争分析:2016年市場シェア企業トップ5社 
3.1.1. Surbana Jurong Pte Ltd 
3.1.2. AECOM Singapore Pte Ltd 
3.1.3. Parsons Brinckerhoff Pte Ltd 
3.1.4. Arup Singapore Pte Ltd 
3.1.5. Worley Parsons Pte Ltd 
3.2. 市場競争分析:イノベイティブ企業3 社 
3.2.1. BBR Group Pte Ltd 
3.2.2. Yongnam Holding Pte Ltd 
3.2.3. Prime Structure Engineering (PSE) Pte Ltd 
3.3. シンガポールでの日本企業3社 
3.3.1. Obayashi Singapore Pte Ltd 
3.3.2. Kiso-Jiban Consultant Pte Ltd 
3.3.3. Shimizu Corporation Singapore Pte Ltd 
4. 市場成長阻害因子・市場機会 
4.1. 市場成長阻害因子
4.1.1.スキルギャップと人材不足
4.1.2.運営コストの高騰
4.1.3.T人材・知財強化に向けた最新技術への戦略的エンゲージメントの欠如 
4.2. 市場機会 
4.2.1.進化を遂げるグローバルビジネスチャンス 
4.2.2.ビジネス関連の優遇措置
5. シンガポール2030年~:持続可能な都市開発へ向けた青写真 
5.1. 政府主導プラン (The Master Plan) 
5.1.1.交通網の拡大
5.1.2.人口増加に向けた戦略的インフラ開発 
5.1.3.シンガポールは2030年に建物の80%を持続可能にすることを目指す
5.2. デジタル化への転換 
5.2.1.ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)技術活用の義務化
5.2.2.DfMA Design for Manufacturing Assembly:設計段階での生産性及び組立性評価
6. シンガポール建築・建設コンサルティング市場への新規参入経路:建築・建設
6.1. ビジネス環境 
6.1.1.世界に誇るシンガポール国際競争力 
6.1.2.監督管理の枠組 
6.1.3.政府主導による、外資プレーヤー誘致を目的とした戦略的支援策
6.2. 必要なステップとライセンス
6.3. 法人税
6.4. 労働力
6.4.1.シンガポールエンジニアリング教育 
6.4.2.ヒューマン・リソース給与マーケット相場 
7. 終わりに
8. 参照


 

<掲載データ>

 

図1. A社 ビジネスモデル:売り上げ構成及び報酬受け取りの仕組み
図2. A社 総売上高及び総費用推移:2011‐2015
図3. 建築・建設コンサルティングの定義
図4. 建築・建設コンサルティングのエコシステム
図5. 2016年GDPへの主要な分野別貢献シェア
図6. 2016年のビジネスサービス分野での建築とエンジニアリングのシェア
図7. 活気と接続性のある都市開発のシンガポール計画概要
図 8. 世界経済及び不動産マーケットプライスの相関図.2007-e2021
図 9. 建設セクタープロジェクト受注額推移(契約締結/決済確認) 
図10. プロジェクトカテゴリ別占有率(建物VS建設コンサルティング)
図11. 公共建設コンサルティング入札状況推移:2013-2017
図12. 2017年の公共部門需要とパイプライン(対2016年比較)
図13. 2017年の民間部門需要とパイプライン(対2016年比較)
図14. 主要鉄道の故障工事の件数:2011-2016
図15. 2030年までに倍増するシンガポールの鉄道
図16. 鉄道インフラ整備の進捗状況
図17. 選定地域内における主要インフラ整備
図18. シンガポール国内MRTライン完成予想図2030
図19. 合併/買収(M&A)事例
図20. SG建築・建設コンサルティング企業の海外進出状況および提供サービス(国家別)
図21. グリーンビルディング市場活性化の背景
図22. グリーンビルディング開発推進力の比較:シンガポール VS グローバル平均
図23. 1㎡当たりのオフィスの占有コスト:国別一覧
図24. 東東南アジア首都における、1㎡当たりの年間平均賃料
図25. 建設生産性能力基金(CPCF)
図26. 持続可能なグリーンビルディング計画
図27. シンガポールにおける建物建設評価基準

 

表1. A 社 収入:2011-2015 (SG$)
表2. A 社 利益と利益率:2011-2015 (SG$)
表3. A 社従業員人件費及び総経費:2011-2015 (SG$)
表4. A 社 外注費:2011-2015 (SG$)
表5. A 社 総人件費:2012-2016 (SG$)
表6. A 社 資産、負債、資本:2011-2015 (SG$)
表7. A 社 現金及び現金等価物:2011-2015 (SG$)
表8. A 社流動資産及び流動負債の内訳:2011-2015 (SG$)
表9. A 社非流動資産の主たる内訳とその簿価: 2011-2015(SG$)
表10. A 社 役員賞与及び役員報酬対総費用比率 :2011-2015(SG$)
表11. 業績比較(A 社 vs Surbana Jurong): 2014-2015 (SG$)
表12. 建築とエンジニアリングサービスのビジネスサービス分野のシェア%
表13. 2016年第4四半期から2020年にかけて完成する予定のパイプライン供給
表14. 建築・建設コンサルティングでの入札
表15. シンガポールMRT Line一覧
表16. 1960年から毎5年ごとの建設されたHDB公共フラットの数
表17. 建築・建設コンサルティング行き先国、輸出されたコンサルティングと2国間協定
表18. シンガポールのエンジニアリング企業トップ5
表19. 財務業績:Surbana Jurong
表20. 財務業績: AECOM SINGAPORE
表21. 財務業績:WSP(Persons Brinckerhoff)
表22. 財務業績:ARUP SINGAPORE
表23. 財務業績:Worley Parson
表24. 主要イノベーション企業3社
表25. 財務業績:BBR
表26. 財務業績:Yongnam
表27. 潜在的地下インフラプロジェクト
表28. 2030年までのインフラプロジェクトパイプライン
表29. 日本の法人税
表30. 大学と各エンジニアリング卒業生の数
表31. エンジニアリング分野におけるNUSとNTUの世界ランキング比較
表32. 2015年建設部門での職業賃金
表33. 2016年建設部門における給与調査

Agree to the Terms of Sale

 Agree


Back