MENU

Construction Industry

シンガポール 建築市場動向 2017年度版

有限な土地に降臨する、無限のOPPORTUNITY

Category Construction Industry
Page 日本語版:P49  ENGLISH:P48
Price USD398

Introduction

官民一体となった持続可能な開発で盛り上がるシンガポールの建設セクター。本稿はその中でも特にイノベイティブなスキルを持つ外資建築サービスプロバイダーへのニーズが高い建築市場にスポットを当て、全体的なマーケットストラクチャー・市場投資環境や需給動向、市場参入機会、主要企業のプロファイルや競争環境、近年の建築テクノロジートレンドの発展、M&Aその他の戦略的発展機会を分析し、展望をお届けする。民間部門のプロジェクトスケールは落ち込みをみせているものの、公共部門のそれは今なお伸びしろを見せているシンガポールの建設セクター。その規模は2017年現在でおよそS$350億ドル産業であると見積もられている。筆者が独自に書き下ろしたCore Story「ノン・フィクション: シンガポール一級建築士事務所のサバイバル成功事例」と共に、この有限な土地に降臨するであろう、無限のOpportunityをお楽しみいただきたい。

Description

本稿の構成は、以下の通りである。


 

<目次>

 

  • エグゼクティブサマリー   
  • Core Story: 売上総利益率56%!シンガポール一級建築士事務所のサバイバル成功事例
  • 第 1 章: 建設業界概況とマーケットサイクル     
  • 節 1: グローバル建設業界の概要 
  •  1.1 建設業界の変革 
  • 節 2: シンガポールの建設業界  
  •  2.1 シンガポール経済: 概要 
  •  2.2 現在の建設業界見通し   
  • 節 3: 世界建築市場のビジネスチャンス
  •  3.1     シンガポール建築市場の進化   
  •  3.2 建築の重要なビジネスチャンス  
  • 第2章: シンガポールの建築業界       
  • 節 1: シンガポール建築市場の概要     
  •  1.1 シンガポールの専門建築組織    
  •  1.2 シンガポール建築業界の現在のトレンド  
  • 節 2: 建築市場における SWOT 分析    
  •  2.1 強み       
  •  2.2 弱点       
  •  2.3 機会      
  •  2.4 脅威       
  • 節 3: 継続中の課題 - 2020 年を超えて 
  •  3.1 IT部門における人材不足
  •  3.2 公共・民間・パートナーシップ(P3s)関係の課題    
  • 節 4: 投資家の洞察       
  •  4.1 シンガポールを選択する意味      
  •  4.2 シンガポールでの会社設立        
  •  4.3 事業展開を行うに当たってのインセンティブと課題
  • 節 5: ローカル建築業界のニーズ
  • 節 6: 契約を受注するには
  • 節 7: シンガポールで建築士として活動するための登録         
  • 節 8: 市場の主要企業(競合分析)        
  • 節 9: 表彰と基準
  • 第3章: その他関連業界とビジネス機会         
  • 節 1: インテリアデザイン
  •  1.1 マーケット分析    
  •  1.2 市場の潜在能力 
  •  1.3 主要企業
  • 節 2: 造景 / 土木作業業界
  •  2.1 マーケット分析    
  •  2.2 マーケットの可能性         
  •  2.3 主要企業
  • 第4章: 将来の傾向とその他建築ビジネス機会
  • 節 1: シンガポールの建設・建築の将来
  •  1.1 IoTに対する投資は事業拡大を後押しする         
  • 節 2: 近未来ビル
  •  2.1 スターキテクチャー(St-architecture)        
  •  2.2 フローティング・アーキテクチュア(浮遊建築)       
  •  2.3 ポータブル / 再利用可能な構造  
  • まとめ   
  • 参照

 

 

<掲載データ>

  • 図1  A 社プロファイル及び基本情報
  • 図2  A社収入推移: 2011-2015
  • 図3  建築・建築コンサルティング企業のポジション
  • 図4  グローバル建設部門カテゴリー別シェア:2012-2015 
  • 図5  未来予想図:政府部門・建設部門・民間部門 情報源: 世界経済フォーラム
  • 図6  公共および民間部門の建設需要推移:2007-2016 
  • 図7  外国人不動産購者数及び購入件数推移:2006 -2016 
  • 図8  カテゴリー別建設需要展望:2017 (公共部門)
  • 図9  カテゴリー別建設需要展望:2017 (民間部門)
  • 図10 建築における進化過程
  • 図11 建築士協会が提供する 10 の会員制度   
  • 図12 土地分配用途別分布推移: 2010-2030 (予想)
  • 図13 グリーンビルディング開発計画 シンガポール VS グローバル対比:2017-2020 
  • 図14  BCA グリーンマーク認証ステップ
  • 図15 シンガポールの建築物におけるデザイン傾向
  • 図16 フルタイム労働者の平均的月収総額(雇用主CPFを含む)
  • 図17  国内労働者平均年齢の緩やかな上昇
  • 図18  シンガポールにおける外資系建設企業の事業展開のパターン
  • 図19  3 つのタイプのプロジェクト入札
  • 図 20 建築士登録の流れ
  • 図21  家計収入額推移及び年間平均成長率: 2011-2016 
  • 図22  インテリアデザイン業者への苦情件数:2011-2014
  • 図23  インテリアデザイン支出額(地域別):2015 
  • 図24  オンラインフォロワーに対するデジタルの影響
  • 図25  土地開発計画における世界の傾向
  • 図26  政府支援金560憶ドルの内訳

 

  • 表1  A社の収入及び純利益:2011-2015
  • 表2  A社の資産:2011-2015
  • 表3  A社の現金及び現金等価物:2011-2015
  • 表4  A社の人件費:2011-2015
  • 表 5  A社の配当金割当:2011-201
  • 表 6  A社の関連当事者間取引 :2011-2014
  • 表7  競合他社ONG & ONG DESIGN & BUILDとA社の主要財務データ比較: 2015
  • 表8  建設部門年平均成長率国別一覧:2012-2025 (予想)
  • 表9  2017 年建設需要展望(民間・公共部門別)
  • 表10  公共部門の支出予測:2018 -2021 
  • 表11 公共部門インフラプロジェクト一覧:2017-2030 
  • 表12  土地分配用途別分布:2010 VS 2030対比
  • 表13  建設業界の受注契約額推移:2012 -2017 
  • 表14  2017 年部門ごとの受注契約金額と主なプロジェクトリスト
  • 表15  外国人投資家による安定した投資を示す指標
  • 表16  政府主導補正金制度一覧:会社設立関連
  • 表17  政府が提唱するインセンティブ制度の一覧
  • 表18  シンガポールにおける競合建築企業 TOP5
  • 表19  財務状況: AEDAS PTE.LTD.
  • 表20  財務状況: CPG CONSULTANTS PTE. LTD
  • 表21  財務状況: DP ARCHITECT PTE. LTD
  • 表22  財務状況: ONG & ONG DESIGN & BUILD PTE. LTD
  • 表23  財務状況: SURBANA JURONG CONSULTANTS PTE. LTD.
  • 表24  財務状況: RSP ARCHITECTS PLANNERS AND ENGINEERS PTE. LTD.
  • 表25  シンガポールの優秀建築賞一覧
  • 表 26  優秀建築賞受賞社リスト

Agree to the Terms of Sale

 Agree


Back